皮膚科で肝斑の治療を行う

30代の女性の肌の悩みで多いのがシミです。

中でも、肝斑ができた女性の悩みは深刻です。

肝斑とは、頬骨などに左右対称に現れることが多いシミのひとつです。

渋谷の皮膚科情報サイトをご利用下さい。

40代以降になると、肝斑と肝斑以外のシミの両方が肌にできている人も少なくありません。
1度できるとなかなか消えない肝斑は、ホルモンの影響、紫外線の影響、誤ったスキンケアなど、様々なことが原因になってできます。
そのため、肝斑の治療は、患者の肌の状態を、じっくりと診断して治療していく必要があるのです。肌にできたシミが肝斑であるかどうかは、皮膚科で医師に診断してもらうと、すぐにわかります。
肝斑の治療では、レーザー治療が有名ですが、そのほかにも、内服薬での治療や、美白外用剤での治療、ケミカルピーリングなど様々な治療方法があります。

多角的な視点から4meeeのことならこちらをご活用ください。

最近は、トラネキサム酸を使った肝斑の治療に注目が集まっています。トラネキサム酸は、色素沈着を抑える作用があり、特に肝斑の治療薬として有名です。

内服薬の場合、有効成分が血液の流れに乗って皮膚に届けられるため、皮膚の深い部分にあるメラノサイトにも働きかけることができるのです。

肝斑の症状によっては、トラネキサム酸とハイドロキノンなどの外用薬を併用して使うこともあります。

どのような治療をしていくかは、皮膚科クリニックなどで皮膚科医と相談して決めることになります。


肝斑と肝斑以外のシミが肌に出ている場合は、肝斑の治療を先に行うことも多いです。